Home » 健康情報 » 健康一口メモ一覧 » No.205 「ゲーム・スマホとメラトニン」

No.205 「ゲーム・スマホとメラトニン」

» 健康一口メモ一覧

2017年03月発信

ポケモンGOの登場により、スマートフォン(以下スマホ)、ゲーム機、タブレット端末が子どもたちの脳に与える影響が再び注目されています。
 
電子機器の多くが携帯性にすぐれ、ゲーム、スマホを長時間楽しむ子どもたちは、布団やベッドの中で睡眠直前まで機器を使用する傾向があります。
スマホ、携帯ゲーム機のディスプレイ(液晶画面)から発せられるブルーライトが睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌に悪影響を及ぼす可能性が報告されています。バックライトでディスプレイを表示するノートPCなどでも同じ危険性があるようです。電子機器が発する電磁波が子どもの脳に及ぼす影響を懸念する研究者もいます。したがって、就寝1~2時間前、あるいは夜の21~22時以降は、子どもたちに電子機器を使用しないように指導するべきと考えます。
 
厚生労働省も2014年3月、睡眠前のスマホ使用に関し注意喚起を行っています。就寝前のスマホ使用が睡眠障害を誘発することが世界中で報告され、欧米の一部の国で規制がなされたことを考慮したためと推定されます。
 
メラトニンは睡眠中、脳内の松果体から分泌されるホルモンで、睡眠・覚醒リズムの調整に深く関与しています。朝、光を浴びると、脳内の体内時計がリセットされて覚醒状態となります。同時に体内時計からの信号によりメラトニン分泌が抑えられます。一方、覚醒後14~16時間が経過すると、体内時計からの指令によりメラトニンは再び分泌されます。その作用で深部体温が低下し眠気を感じるようになります。メラトニンは概日リズムの調整以外にも、抗酸化、免疫調整など多様な作用を有しています。
日中はなるべく外で体を動かし、夜は電子機器の使用を極力控えることにより、睡眠・覚醒リズムを整えることは、メラトニンのみならず、子どもたちの脳の発達によい効果を与えます。
 
ゲーム・スマホの使用に関して、是非もう一度ご家族でご相談されることをおすすめいたします。