Home » 健康情報 » 健康一口メモ一覧 » No.145起立性調節障害

No.145起立性調節障害

» 健康一口メモ一覧

2010年06月発信

起立性調節障害(Orthostatic Disregulation, OD)って?

人は、起立すると重力によって血液が下半身に貯まり、その結果、血圧が低下します。健康な人では、これを防ぐために自律神経系の一つである交感神経が働き、下半身の血管を収縮させて血圧を維持し、一方、副交感神経活動が低下して心臓の拍動が増加し、心拍出量を上げ、血圧を維持するように働きます。
ところが、起立性調節障害ではこの代償機構が破綻して血圧は低下し、脳血流や全身への血行が維持されなくなってしまいます。そのために、立ちくらみやふらつき等の諸症状が起こってきます。血液による酸素や栄養の供給が悪いので、すぐに疲れたり、また疲労からの回復が遅れます。さらに脳血流が悪いために、思考力は低下し、集中力もなくなってきます。約80%に家族素因を認め、自律神経機能、生活習慣、心理社会的ストレスが大きく影響します。
摂食障害とともに、思春期に、心身医学的な取組みが必要となる疾患です。半分に不登校を合併し、逆に不登校の3~4割が本症です。

起立性調節障害は多い病気ですか?

頻度の高い疾患です。好発年齢は10 ~16歳、有病率は、小学生の約5%、中学生の約10%とされ、男:女=1:1.5 ~2です。全国調査によりますと、一般小児科外来を受診した10~15歳3316名のうち、281名(8.5%)が心身症、神経症等と診断され、その中で起立性調節障害は199名と約7割を占め最も多くみられています。
思春期前後に生じます急激な二次性徴によって引き起こされ、代表的なサブタイプとして起立直後性低血圧と体位性頻脈症候群があり、それぞれ動脈系と静脈系に自律神経系の異常が現れているとされています。

起立性調節障害の診断にはどんな検査が必要ですか?

日本小児心身医学会から本症の診断・治療ガイドラインが出されています。「OD」を疑う諸症状がある場合、その頻度等も質問項目でチェックし診断基準を満たせば、基礎疾患(甲状腺機能亢進症・脳腫瘍・鉄欠乏性貧血・原発性肺高血圧症等)を除外した上で、従前から診断に用いられていましたシェロング起立試験に起立後血圧回復時間測定が加わった「新起立試験」を実施し診断されます。

治療は?

起立性調節障害は身体疾患ですから、まず身体面での治療を進めます。すぐには改善しませんので、焦らず取り組むことが肝要です。治療は、身体的重症度と心理社会的関与の有無によってバリエーションがあります。非薬物療法(水分摂取については、最低一日1.5ℓ必要ですし、塩分については、大目に1日10~12g摂る必要があります。いきなり立ち上がらない・歩き始めは、頭位を前屈させる・起立の必要がある時は、足踏みしたり足をクロスに交差する等の指導・日常生活リズムの改善等)を優先しますが、中等症以上では薬物療法も併用されます。診察は、1~2週ごとが望まれます。薬物療法を実施した場合の効果判定は、2週間を目途に実施します。保護者の方には、「治療には時間がかかるので、焦らないように」と伝えておきます。本疾患の予後改善には、学校への指導や連携が不可欠となります。担任教師や養護教諭にも、保護者同様にかかりつけ医から「OD」の病態生理についても説明をし、十分に理解いただく事が治療開始のタイミングで必要です。

この「OD」と成人でみられます起立性低血圧・神経循環虚弱症・心臓神経症などが同じものか、本質的に異なるものかについて、心身医学・心療内科の分野で目下検討されているところとなっています。