Home » 健康情報 » 健康一口メモ一覧 » No.65病気の子供の世話

No.65病気の子供の世話

» 健康一口メモ一覧

2002年05月発信

熱の高い時に何を食べれば良いか?

“ある日・ある小児科診療所でのやりとり”
扁桃腺(へんとうせん)が腫れて39℃台の熱が3日間続いている3才のお子さんが食べないのを心配してお母さんが質問をします。

お母さん

熱が高くて何も食べないのですが大丈夫でしょうか?おばあちゃんが病気の時は栄養を付けないとだめだから、すきやきを食べさせようとしたのですが、全然食べてくれないのです。

子どもには多大の期待をするのが親の性(さが)です。その人の立場になって考えることが大切です。まず、お子さんの立場になって考えてみましょう。

ドクター

もし、お母さんが39℃の熱がある時に、『すきやきを食べなさい』と言われたらどうしますか?

お母さん

わたしなら食べません。

ドクター

お子さんも同じことですよ。

お母さん

でも、栄養を付けなくて大丈夫ですか?

ドクター

お母さんも、高熱のときに『栄養を付けけないとだめだからすき焼きを食べなさい』と言われたら困りませんか?

お母さん

困りますね。

ドクター

お母さんは熱の高い時に何を食べますか?

お母さん

わたしはジュースを飲むくらいで食べません。

ドクター

それで良いのです。お子さんもお母さんと同じようにすれば良いのです。

お母さん

ジュースを飲んでいればそれで良いのですか?

ドクター

そうです。もし、食べられるようでしたら、ヨーグルト、プリン、ゼリー、いちご、ブドウ、みかん、りんご、なしも食べてもよろしいよ。

お母さん

この子はお茶が好きですが、お茶でもよろしいか?

ドクター

お茶は糖分が含まれていませんから、お茶ばかりというのは良くないですね。お子さんに必要なものは、水、糖分、電解質です。お茶は糖分が含まれてないので、なるべく、ジュースを飲ませましょう。
高熱の時は、ジュースを飲ませましょう。食べられるようであればプリン・ヨーグルト・ゼリー・いちご・ブドウ・みかん・りんご・なしを食べましょう。
(これは下痢・嘔吐がない場合のことです。また、食物アレルギーのある児は食べてはいけない場合がありますので、主治医と相談して下さい。)