Home » 健康情報 » 健康一口メモ一覧 » No.20インフルエンザ合併症

No.20インフルエンザ合併症

» 健康一口メモ一覧

1998年02月発信

現在、インフルエンザが猛威をふるい、多くの学校が学級閉鎖をしています。今月はインフルエンザの合併症、とくに死につながることもある重大な合併症を主に説明したいと思います。

インフルエンザの合併症の種類は?

合併症にはインフルエンザウイルスによる一次性のものと、細菌感染による二次性または混合感染があります。
頻度が高く死亡原因の90%以上を占める肺炎、まれではありますがいったん発症すると重篤となる急性脳症およびライ症候群、その他心合併症、急性筋炎、急性胃腸炎、関節炎、中耳炎、副鼻腔炎などインフルエンザウイルス感染症の合併症は多彩です。

肺炎について

気管支炎・肺炎の合併症は頻度が高く、上で述べましたように、この疾患の死亡原因の90%以上を占めています。肺炎は、インフルエンザウイルスによる肺炎と、細菌感染による細菌性肺炎に分けられますが、後者の方が頻度が高いのです。インフルエンザ肺炎は4-5日過ぎても高熱、咳が続き、呼吸困難、チアノ-ゼがみられるようになります。細菌の二次感染を伴う肺炎は、インフルエンザが軽快してきて、再び発熱、悪寒、咳嗽、呼吸困難、多呼吸、頻脈、一般状態の悪化が見られます。このように高熱が長く続く場合や、一度解熱しても再び発熱があり症状が悪化していく場合は注意が必要です。

急性脳症およびライ症候群について

脳炎・脳症はインフルエンザ感染後3日ないし2週間をおいて、頭痛を伴う意識障害、けいれんで発症します。
小児で注目されているのがライ症候群です。ライ症候群は上気道炎症状後3-10日から悪心・嘔吐をもって発症し、しばしば低血糖があり急速に昏睡に進んでいきます。年齢は3-16歳に多く、死亡率は36-58%と高率であり、早期発見、治療が重要です。インフルエンザの罹患時または回復期に嘔吐の後、軽度の意識障害(TVサイン陽性・・これは子供がテレビを見ている時に、呼びかけてもまともに応答しないことに似ている。周囲に無関心など)があればライ症候群の初期の可能性があります。この疾患の罹患中あるいは罹患後もしばらくの間、常に子供の状態に注意をはらっておく必要があります。

心合併症について

心筋炎・心膜炎の合併症が知られています。末梢循環不全、心不全、不整脈などの症状がみられることがありますが、軽症例では心筋炎の診断は困難です。

急性筋炎について

回復期または経過中に両下肢、とくにひ腹筋、ヒラメ筋の筋痛を突然起こし、歩くのを嫌がります。多くは自然に軽快しますが、急性の横紋筋壊死とミオグロビン尿に伴う腎不全例の報告もあります。

家庭での注意とまとめ

以上重大な合併症を主に述べてきましたが、インフルエンザは伝染力が非常に強くあなどることのできない恐ろしい病気なのです。よって予防が一番大切なのですが、その最有効法はワクチンです。しかし我が国では1995年ワクチンの効果の疑問と副作用の問題により予防接種法より除外され、現在任意接種となっています。
もしインフルエンザに罹患してしまったら、無理をせず、栄養・休養を十分に取り、症状の変化や合併症に十分に注意しておくことが大切です。